SS健康法コラボ伝授会


イベント詳細

このイベントは15 10月 2017に終了しました


詳細はこちら

前回好評のうちに開催された< S S健康法コラボ伝授会>の第2弾が開催の運びとなりました!
今回はユカピもラボンバもお世話になってるロータスエイトのハスハチスタジオを使わせていただくことになりました。

今ネットで話題。
多くの方が体験してる。
変化を感じている。

SS健康法

SS健康法は京都の針鍼灸院、安藤庵から沖縄の中川角司さんに伝わり、自然堂の当主下野誠一郎さんにより伝授者が急速に増えている、全国に広がりつつある健康法です。

今回は中川さんに伝授されたユカピと下野さんに伝授されたラボンバの2人のヨギーがコラボでちょっとプレミアな伝授会を開催します。

中川さんと下野さんの共通するところ、違うところ、ヨギーとしてユカピとラボンバが体験していることなども混じえてみなさんの実技をきちっと体得していただこうと考えています。

伝授会に参加された方は、セルフはもちろんのことご家族やお友達クライアントにも施受することが可能になります

整体やマッサージに通って高額な治療費を払い続けることはもうなくなるでしょう。

開催日時 10月15日(日) 16:00-19:00
参加費 8000円(体験会参加済の方は5000円)
開催場所 ロータス8 5F

※体を締め付けずに体にフィットするウェアをお持ちください。
※食事は2時間前には済ませておいて下さい。

 

SS健康法はいわゆる痩身法の部類に入るかもしれません

SS健康法の施術を受けたからといって、いきなり痩せるわけではありません。

それには時間がかかります。

しかし、実際にはもっとすごい効果があります。

その効果は、すぐに現れるのです。

顕著なのは骨盤の幅が狭くなってる。
これは前後にメジャーするので数字として現れます。
少ない人でも1cm、多い人は6cmも縮んだ方もいらっしゃいます。

前後に写真を撮って確認するのですが

バストトップの位置が上がる
お尻がリフトアップしている
左右のバランスが取れてる

そして顔もほうれい線が薄くなったりとリフトアップ効果はかなり高いです。

何年にもわたって苦しんでいた腰痛が、たった一回の施術で治る、
肩こり、頚椎の痛み、
座骨神経痛、
痔、

など様々な症状が、わずか10分程度の施術で改善されてしまう。

毎日セルフ施術をして体感しているのは、

腹一杯食べてもお腹が平ら
骨盤の中に余裕がある
体重はさほど変わらないのに「痩せた?」とよく言われる

そしてヨギーとして特に感じるのが

仙骨が自由になっていく感覚。

心の自由は仙骨から

これはかなり主観的な感想なのでご自分で体験していただく以外はないのですが、

SS健康法は単なる痩身法とは違います。

しかも、この健康法は、高いお金を払って習う特別な技ではなく、誰でも、いつでも、簡単に、学ぶことができ、

すぐにそれを使うことができるのです。

SS健康法は、みんなが幸福になる健康法なのです。

SS健康法とは、

「胃が大きく広がって肋骨から出てさらに膨らみやすい状態」と「骨盤が広がって内臓全体をポテッと下げている状態」

「胃がスッキリと肋骨に格納されている状態」と「骨盤が広くなって内臓全体をキュッと押し上げている状態」

に戻す技です。

簡単に言えば、広がった骨盤を本来の形に戻し、内臓を押し上げ、胃を小さく畳む健康法です。

施術を受けている間、みるみるうちに胃が上に上がっていき、骨盤が締まっていくのが、はっきりと体感できます。

その時間、わずか10分程度。

SS健康法は、ダイエットではありません。

この施術を受ければ、本来、必要な分しか、食事が食べられなくなるのです。

普通に食べていても、本来の自分の体型に戻り、かつ本来の健康なからだに自然に戻るのです。

しかも肩こり、腰痛、首の痛みなど様々なからだの不具合まで、良くなってしまうのです。

SS健康法は比類なき健康法なのです。

こんなSS健康法を多くの方に体験していただきたくて体験会を開催しています。

体験会は上記の時間の中で都合のいい時間に20分ほど来ていただければ結構です。
もちろん、ずっといてなんども体験していただいてもオーケイです。

※紹介文にはSS健康法を伝授していただいた下野誠一郎さんのブログからの文章も一部引用しています。

イベントの参加ボタンを押してください。
お問い合わせ参加希望は下記またはメッセンジャー等で
安福祐佳 yamato1yoga☆gmail.com
桧山芳臣 labomba0009☆gmail.com
(☆を@に変えて送ってください)

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です